叶える!海外留学

TOEFL、TOEIC、GRE、奨学金、MBA、アメリカ留学、アメリカ生活

【TOEFL】英語リスニングのメモのコツ

f:id:john_correspondence:20211214112810j:plain

TOEFLのリスニングはどうやって点数を取ればいいんだろう?

ここではそんなお悩みを解決します。

TOEFLで今すぐ100点を取ろう

TOEFLは海外留学に必須となる英語の試験です。

大学によっては120点中110点!が必要なこともあります。

特にリスニングやスピーキングは日本人からすると大変です。

 

とはいえ、TOEFL必ず答えのだせる試験です!

コツをつかめば、すぐに110点台に乗せることもできます。

 

わたしも純ジャパですが、1週間の準備で110点を確保して、留学を叶えることができました。

(ほんとうにお仕事が忙しかったので、今でも奇跡だと思っています)。

 

その後留学のお手伝いをさせていただくこともありましたが、50点台から100点台まで点数がアップする人もたくさんいらっしゃいます。

TOEFLリスニングはメモで点数アップ!

では一体どうすれば?

今日は日本人が苦労するリスニングの点数を、今すぐに5点上げる方法をご紹介します。

それは...

 

メモのとり方を工夫すること

 

です。

 

たったそれだけ?と思われた方、いままでこんなことはしていませんか?

  • ただひたすら聞き取れる部分を書きつづけて、ぐちゃぐちゃになってしまう
  • 後でまとめてメモしようとして、肝心なところを忘れてしまう
  • 日本語に翻訳してからメモをとろうとして、時間がなくなってしまう

この記事を読んで、もう焦りながらメモをとることから卒業しましょう!

T字型メモを活用しよう

試験だと焦ってメモしがちですが、TOEFLリスニングのメモはもっと簡単で大丈夫です。

  1. T字型に仕切って、タイトル、トピック、内容のキーワードを書く
  2. 全部英単語1−2語でまとめる

たったこれだけで、あらゆる問題に対応できます。

f:id:john_correspondence:20211213142739p:plain

T字型のメモ

 

具体的には、こんな感じで試験を受けます。

  1. リスニングが始まる直前に、まずはT字型の仕切りをメモ用紙に作っておきましょう
  2. リスニングが始まったら、「今日はXXの話をします」の発言に耳をすませて、会話や講義のタイトルを1-2語でT字の上に書きましょう。
  3. その後は、講義形式なら、先生はまず内容についてざっと紹介してくれます。たとえば「今日はXXについて、まずはY、次にZ、そして最後にAについてお話します」といった具合です。このアウトラインを聞いて、Y、Z、AをT字の左側(トピック)のところにメモしておきましょう。
  4. あとはそれぞれのトピックについて、キーワードを単語や図でさっと右側に書けばおしまいです。

 

こんなざっとしたメモでいいのか!と思われた方。

ぜひ一度試してみてください。

TOEFLのリスニングは、ほんとうにこの程度で答えられる程度の内容しか出ないのです。

 

ちなみに会話形式のリスニングでは、トピックの代わりに発言者ごとにまとめれば、同じテクニックが使えます。

Aさん→Bさん→Aさん、と続く会話で、ひとりひとりの発言がそれぞれトピックになっている、と思えばよいのです。

 

名付けて「T字型メモ」。TOEFLはもちろん、TOEICや英検などにも応用できます。